ことのはパレード

ペンギンが好きな人が書いたブログです。イラスト・画像の無断転載、二次加工は禁止です
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# みかんでハロウィンと、感謝祭で届いたもの。と、ちょっとしたトラブル。
JUGEMテーマ:今日のお買い物

ハロウィンですね。 みかんを写真に撮って、お顔を描いてみました。
ペンギンさんも軽くコスプレです。(帽子装備してるだけだけど)

過去記事(ペンギンのコスプレまとめ)
セリアの可愛い折り紙でランドセルと楽天お買い物マラソンで気になっているもの。
ミス・マープル『殺人は容易だ』と、ベネディクト・カンバーバッチ出演作品情報
関西の相棒ファンの皆様、あの紅茶が買えるチャンスです!と、お買い物マラソンで気になっている物



宣伝:ラインスタンプ発売中。(サンプル画像のためサイン入れています。実際のスタンプには入れていません。)
皇帝ペンギンの赤ちゃん2

あと、ツイッターも始めました。
@kotonoha_parade

相変わらず右も左も分からない状態。
良かったら友達になってやってください(土下座)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

楽天イーグルス感謝祭で予約していた本『ニャアアアン!』が届きました。
ツイッターをしている方ならご存知かもしれませんが、愉快な飼い主さんとにゃんこの漫画です。

わたしは主にサイトの方で見ています。
ウッドブック


お猫さまと、飼い主さんとの力関係が好きです。このバランス最高!(飼い主さんはたいへんでしょうが)
サイトの猫の話しの過去ログが何度見ても面白いので、書籍化されたら買おうと思っていました。

ネット上で無料で読めますが、やっぱ本の形になるのって良いですね。
どのお話しも面白いので、にゃんこが好きな方におすすめの1冊です。

興味を持たれた方は試しにサイトの方へ飛んで、過去ログをどうぞ。
『話題別一覧』を開くと猫の話しを1話から読めます。

本には入って無かったのですが、飼い主さんの話しも面白いです。
ウッドブック『衣替え』
行き過ぎた断捨離話し。

数ページでも良いから書き下ろしとかあったら嬉しいなと思って購入したのですが、数ページどころか1/3ページが書き下ろしでした!!

書き下ろしは読み応えがあって面白かったです。
ぽんたちゃん(猫の名前)は昔から可愛かった! そして力関係は変わりないって事が良く分かりました^p^

 
おすすめの動物系漫画。 この中で一番好きなのは『ふくよも』。ほのぼのしていて、パンダ好きさんにはおすすめです。

楽天ブックスさんで現在ムーコ1巻は売り切れ。アニメが始まったからかしら。
1〜8巻セットなら購入可能です。
しろくまカフェは過去にアニメ化されていました。
声優さんがやたらと豪華でした。

3巻辺りからコーヒー講座的な漫画がちらほらと。
最近ドリッパーを買ってコーヒー熱が熱いわたしとしては嬉しい内容。
過去に読んでいるはずなのに、あまり頭に残っていないので読み返しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
楽天ブックスさんで予約すると発売日にヤマト運輸さんが本を届けてくれます。

今日が発売日だったので、15時頃にサイトで伝票番号を入力して配達状況を確認。
すると、『14時に配達完了』になっていました。

でも、ポストを見に行ったら入ってない^p^

もう一度ネット上で確認。 やっぱり1時間ほど前に配達完了。


前に一度ポストに入らない大きさのメール便がドアノブにかけられていた事があったので、念のためにもう一度ポストとドアを確認。

やっぱり届いていない_(┐「ε:)_


調べてみると配達完了ってなっているのに荷物が届いていない事ってあるみたいですね。
数時間後に届いていましたが、その数時間がどれだけ不安だったか・・・orz

もし本当に配達完了していて、ポストから盗まれていたらどうしようかと思いました。
メール便ってポストから盗まれても誰も保証してくれないらしいので、もう1冊買わないといけないのかなと無駄に凹みました。

無事届いて良かった。
『クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム』は今後あまり当てにしないことにします^p^


お帰りの際にポチっと下のバナーを押して頂ければとっても嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
クリックありがとうございました!(大感謝)

トラコミュ:ハロウィン トラコミュ:ハロウィン Halloween を楽しもう♪
トラコミュ:にゃんこ大好き トラコミュ:☆猫のトラコミュ☆
トラコミュ:漫画、マンガ、まんが、コミック
トラコミュ:楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪ トラコミュ:ポチった物→届いたらレポ♪

   
■関連記事 『8000ポイントもらえるらしいので楽天カードを作ってみました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:26 | category: 漫画・小説 |
# 東野圭吾さんでおすすめの本16冊+α(その4)
JUGEMテーマ:小説/詩


東野圭吾さんの小説が好きです。
今回の記事は『その4』なので、良かったら前回から読んでみてください。

■東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その1)
■東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その2)
■東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その3)



回を増すごとにペンギンも増えてます。
が、2匹目までぐらいが絵としてのバランス良かった気がしなくもないです。


その1で書いたんですが、現時点で発売されている作品の中でまだ読んでいないのが12作あります。(→10作に減りました)
それらを抜いたおすすめ本です。

あらすじは書かないつもりです。あとネタバレも。
 

Amazonへのリンク→疾風ロンド

前回の宣言通りにこちらを読み始めました。
今までにない物語の始まり方をしたので、今後の展開が楽しみです。


それぞれの作品に上記のように 上:楽天ブックス 下:Amazon へのリンクが貼ってあります。
購入する前にレビューを読みたいって方や、あらすじを知りたい方はそちらからどうぞ。
さすが売れっ子作家。レビューはどちらも賑わっています。



■おすすめ15作目 『新参者』

Amazonへのリンク→新参者

加賀恭一郎シリーズの8作目。

たくさんの登場人物が出てきます。優しい人がたくさん出てきます。
色んな人と人との繋がりで物語が進んで行きます。

みんな幸せになれーー系の作品です。


正直、こちらを読むまで加賀さんのシリーズってあまり好きでは無かったんです。
読み終わって面白かったなぁってなったのは前回ご紹介した『私が彼を殺した』ぐらいでした。

ですので、加賀恭一郎シリーズは自分には合わないのかな・・・と思っていました。

『新参者』から加賀さんシリーズの印象ががらりと変わった気がします。
この後の『麒麟の翼』も面白いと思いました。

何が変わったのか上手く説明出来ませんが、『新参者』以降は人物描写の巧みさからあちらこちらに感情移入してしまって、登場人物の幸せをひたすら祈りたくなるお話しになったような気がします。

Amazonへのリンク→嘘をもうひとつだけ

Amazonへのリンク→赤い指

Amazonへのリンク→新参者

Amazonへのリンク→麒麟の翼

Amazonへのリンク→祈りの幕が下りる時

加賀恭一郎シリーズ『私が彼を殺した』以降を並べるとこんな感じです。

 

Amazonへのリンク→新参者 DVD-BOX

阿部寛さん、黒木メイサさん、向井理さんでドラマ化されましたね。

ドラマと原作は色々と違いがありました。

原作は静かに物語が進んで行くんですが、ドラマはコメディテイストも加わり賑やかに。
ひとつひとつの事件の解決シーンも原作とは違いました。
(これらの違いは新参者のウィキペディアで丁寧に書かれているので、気になった方はどうぞ。読み物としても面白いです。)

個人的に最大の違いは「加賀恭一郎」が阿部さんだった事です。
いままでそんなイメージで読んでいなかったので驚きました。

特に明確なイメージがあって読んでいたわけではないのですが、なぜか受け入れがたく・・・

でも、東野先生が阿部さんに送った手紙を読んでやっと受け入れられた気がします。
(手紙の内容はドラマ『眠りの森』の公式サイトで公開されています)

そんな上記の理由でドラマよりも原作が好きなんですが、人形町の様子が映像で見れたことが一番嬉しかったです。
機会があれば行ってみたい街です。

原作とドラマ、大きく違いがあるのでドラマのみの方は原作も読んでいただきたいです。

Amazonへのリンク→赤い指 [DVD]

Amazonへのリンク→麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray豪華版(特典DVD付2枚組)

Amazonへのリンク→"新参者"加賀恭一郎「眠りの森」 [DVD]
  (全体的にアマゾンさんの方がお安いです)
 

Amazonへのリンク→麒麟の翼 劇場版・新参者 オフィシャル・フォトブック



■おすすめ16作目 『ブルータスの心臓』 

Amazonへのリンク→ブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー

新参者』からまた時代をぽーーんと遡って、1989年の作品です。
話しの展開が読めなくって、お話しの続きが気になる!!と思いながら読んでいました。

東野先生の書く○○視点の作品も好きなんだなぁと今回気付きました。
ネタバレになりそうなので多くは語りませんが、16作に絞ったおすすめ作品の中でもこちらは人に薦めたい度の高い1作です。
弟も気に入っているので、我が家の本棚の中で一番貸し出し回数が多い作品だと思います。

 

Amazonへのリンク→原作:東野圭吾 3作品 DVD-BOX 「11文字の殺人」「ブルータスの心臓」「回廊亭殺人事件」

2011年に藤原竜也さん主演でドラマ化されました。

この時、『11文字の殺人』『回廊亭殺人事件』も合わせてドラマ化されました。
回路亭も好きな作品なのでドラマ化されたのは嬉しかったです。


■おすすめ17作目 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

Amazonへのリンク→ナミヤ雑貨店の奇蹟

16冊おすすめして終わるはずだったんですが、読み終わって面白かったのでこちらも!

ファンタジーテイスト溢れる1冊です。
手渡されたパズルのピースがひとつひとつ繋がっていくような作品でした。
こちらもみんな幸せになれーー系の作品です。

ちょっとご都合展開な所もありますが、個人的には綺麗にまとまっていて、物語として面白ければそれで良いと思います。


わたしは本を読む時は表紙をはずして読むんですが、読み終わってから帯を見て驚きました。
なんていうか、変にネタバレしてませんか?_(┐「ε:)_
しかも微妙にずれている・・・こんなこと言うようなキャラじゃないような。

帯は見ずに読むことをおすすめします。



17冊おすすめしておいて何ですが、基本的に東野圭吾先生の小説は全て面白いです。

結末に納得行かない、そもそも扱っている事件が受け付けないなど合わない本は数冊あるんですが、どの作品も最後まで読ませる力があります。
わたしが好きではない本も読者ランキングでは上位に入っていたりするので、好みの問題だと思います。

今回、おすすめ本についてブログを書きながらずっと自分が選ぶならどれが1位なのか考えていたんですが、結局選べずでした。
最近発売された本も、昔発売された本もどれも面白いです。

最近の本しか読んだことないなぁって方はぜひ初期に発売された本も手に取ってみてください。
お気に入りが見つかりますように。



本棚からおすすめを選んでいる時にうっかりと手に取ってしまった他の作家さんのおすすめ本

Amazonへのリンク→夢見る黄金地球儀

Amazonへのリンク→パーフェクト・ブルー

Amazonへのリンク→ジョーカー・ゲーム

Amazonへのリンク→陽気なギャングが地球を回す

Amazonへのリンク→三匹のおっさん

Amazonへのリンク→告白

最近自分で本を買う時はまだ読んだ事がない作家さんの本を手に取ることにしています。
東野先生の本は『手紙』まではわたしが購入しましたが、それ以降は弟が集めてくれています。(ありがたい!)

こうやって並べてみると『夢見る〜』以外は全て映像化された有名な作品ばかりですね。
誰かにすすめたい本ってなるとやっぱり有名作家さんに片寄るようです。

ざっくりと紹介
■夢見る黄金地球儀
チーム・バチスタの栄光』でおなじみの海堂尊先生の作品。
一言でさっくりと説明するならコメディ系の作品。

■パーフェクト・ブルー
宮部みゆき先生のデビュー作。瀧本美織さん主演でドラマ化もされました。
犬が好きな人は面白い小説だと思います。

■ジョーカー・ゲーム
今年の1月末にKAT-TUNの亀梨和也さん主演で映画化されました。まだ見ていないんですが面白かったのかしら?
一言でさっくりとおすすめするなら登場人物の生き様が格好良いです。 漫画化もされてます。
『ジョーカー・ゲーム』の謎って本も出てるんですね・・・気になる。

■陽気なギャングが地球を回す
伊坂幸太郎さんの小説。説明不要なぐらい有名な作品ではないでしょうか。映画化もされてますが、原作の方が好きです。
一言でさっくりと説明するならコメディ系。

■三匹のおっさん
有川浩さんの小説。去年ドラマ化されていて、今年ドラマの続編があるらしいです。
味わい深いキャラが大暴れしたり、時にはしっとりと解決したりする作品。
続編の『三匹のおっさんふたたび』がやっと文庫化されたんですがまだ買ってません。今度買ってこよう。

■告白
湊かなえさんのデビュー作。こちらも説明不要かと思うほど有名な作品。
松たか子さん主演で映画化もされてますね。エグいシーンほど美しく描き上げた衝撃的な映画でした。
一言で伝えるなら重い作品なんですが、読み終わった後に凄く考えさせられる1冊でした。
容疑者Xの献身』と同じです。読んでないなら読んどいた方がいいよ!って作品。



あ、また長い記事になってしまいました_(┐「ε:)_
色んな作家さんの本を読んでみたいなぁと思っているので、何かおすすめがあれば教えていただけると嬉しいです。


今日のイラストいいね、本が好きなんだね!って思って頂けたのならば
お帰りの際にポチっと下のバナーを押して頂ければとっても嬉しいです。
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

クリックありがとうございました!(大感謝)

トラコミュ:オススメ本 トラコミュ:本が好き。
トラコミュ:書評、レビュー トラコミュ:書物、書籍、本
トラコミュ:東野圭吾 トラコミュ:東野圭吾 作品あれこれ**

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:51 | category: 漫画・小説 |
# 東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その3)
JUGEMテーマ:小説/詩


東野圭吾さんの小説が好きです。
今回の記事は『その3』なので、良かったら前回から読んでみてください。

東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その1)
東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その2)



回を増すごとにペンギンも増えてます。
さすがに本の上に乗せるのはどうかと思ったんですが、空きスペースがなかったのでここに。


その1を書き終わってから2冊読み終わりました。
 

Amazonへのリンク→ナミヤ雑貨店の奇蹟

Amazonへのリンク→マスカレード・ホテル

読んでいない本が12冊もあることに自分で書いて驚いたので、いま必死に追いついてます。
読み始めると早いので我慢してたのもあるんですが、やっぱり東野先生の本は面白いです。



その1で書いたんですが、現時点で発売されている作品の中でまだ読んでいないのが12作あります。(→10作に減りました)
それらを抜いたおすすめ本です。

あらすじは書かないつもりです。あとネタバレも。

それぞれの作品に上記のように 上:楽天ブックス  下:Amazon へのリンクが貼ってあります。
購入する前にレビューを読みたいって方や、あらすじを知りたい方はそちらからどうぞ。
さすが売れっ子作家。レビューはどちらも賑わっています。



■おすすめ12作目 『容疑者Xの献身』

Amazonへのリンク→容疑者Xの献身

ここまで有名な作品をおすすめに入れるのも迷ったんですが、ガリレオシリーズでどれが一番好きかと問われたらやっぱりこれかなと思ったので入れてみました。

こちらの読者ランキングでも一位でしたね。納得の一位です。

これもタイトルが素敵ですね。物語の全てを表す素晴らしいタイトルだと思います。

作品については多く語りません。ただ一言、読んだことがないなら勿体無いですよとだけ。
(ガリレオシリーズの3作目なんですが、これだけ読んでも特に問題ないかと思います)


福山雅治さん、柴咲コウさんで映画化 もされましたね。
映画のキャッチコピー『その謎を、愛そう。』 こちらも心に沁みる素晴らしいコピーだと思います。
KOH+が歌う主題歌の『最愛』も素敵でした。

実はアルバムで福山さんが歌っているバージョンもあります。こっちも好きです。

映画も面白かったです。
配役を聞いた時に、何で石神さんの役が堤真一さんなの!?と受け入れがたかったんですが、実際見てみるとそんなの全部どうでも良くなる勢いの映画でした。

映画と原作、違いはあるんですが、原作はもう少し続きが気になります・・・って所でばっさりと終わっていたので、映画のラストの余韻が好きでした。
こちらの作品も映画しか見ていないって方は是非原作も手に取っていただきたいです。
原作は映画との違いで物語りに深みが増していると思います。


ガリレオシリーズは並べてみるとこんな感じ

Amazonへのリンク→
探偵ガリレオ

Amazonへのリンク→
予知夢

Amazonへのリンク→
容疑者Xの献身

Amazonへのリンク→
ガリレオの苦悩

Amazonへのリンク→
聖女の救済

Amazonへのリンク→
真夏の方程式

Amazonへのリンク→
虚像の道化師

Amazonへのリンク→
禁断の魔術―ガリレオ〈8〉

・・・こうやって一覧で見ると何とも言えない迫力が。


ドラマと映画を順番通りに並べるとこんな感じです。

Amazonへのリンク→ガリレオ Blu-ray BOX

Amazonへのリンク→容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]

Amazonへのリンク→ガリレオφBlu-ray

Amazonへのリンク→ガリレオII [Blu-ray-BOX]

Amazonへのリンク→ガリレオXXダブルエックス 内海薫最後の事件 愚弄ぶ[Blu-ray]

Amazonへのリンク→真夏の方程式 Blu-rayスペシャル・エディション

ドラマと原作は設定が大きく違うところがあります。

湯川先生のイメージは『佐野史郎』さんだと書いてあったので、それを信じて読んでいただけにドラマの配役には驚きました。

原作では一緒に行動するのは男性の刑事さんなんですが、ドラマでは女性に。

この辺りがドラマを見るまで抵抗あったんですが、始まってみればこれらの変更はありかなと思いました。
あのトリックを映像で見れることに大きな価値があると思います。
 

Amazonへのリンク→容疑者X 天才数学者のアリバイ [DVD]

調べてみたら韓国でも映画化されているんですね。


■おすすめ13作目 『白銀ジャック』

Amazonへのリンク→白銀ジャック

今回好きな作品を本棚から抜き出していて気付いたんですが、読後感が良い作品と、読んでいる時に話しの続きが気になる作品が好きみたいです。
あと、人物描写の巧みさからあちらこちらに感情移入してしまって、登場人物の幸せをひたすら祈りたくなる作品も好きです。

こちらは話しの展開が気になってぐいぐい読めちゃう系の作品。
読んでいる時楽しかったです。

渡辺謙さん、岡田将生さん、広末涼子さんでドラマ化もされていましたね。
ドラマも良かったです。
 

楽天Kobo電子書籍ストア
「白銀ジャック」-【電子書籍】
東野圭吾ミステリー「白銀ジャック」
(マンサンコミックス)

東野 圭吾 高柳 衣良
4408174734

コミック化していたんですね。面白いのかな。
 

Amazonへのリンク→疾風ロンド

こちらが続編らしいです。いま知りました。
登場人物が好きだったので、面白そうです。 次はこれを読もうかな。


■おすすめ14作目 『ゲームの名は誘拐』

Amazonへのリンク→ゲームの名は誘拐

こちらも話しの展開が気になってぐいぐい読めちゃう系の作品。
後半の展開が凄いです。

○○視点のお話しってまた違ったドキドキ感があって読み応えがあります。
こちらも多く語るとネタバレになりそうなので、あっさりとした紹介で。
 
★決算セールg@me. Hi-Bit Edition(DVD)

★決算セールg@me. Hi-Bit Edition(DVD)
価格:3,160円(税込、送料別)


Amazonへのリンク→g@me. プレミアム・エディション (初回生産限定版) [DVD]

『g@me.』のタイトルで映画化されています。藤木直人さんと仲間由紀恵さんが出演されています。

映画化されているのは知っていたんですが、まだ見てません。
この作品は好きなので、今度見てみようと思います。



全部で3回の記事にしようと思ったんですが、またこの辺りで一区切りします。
(こちらのブログ、記事が長くなると?レイアウトが崩れてくるんですよね_(┐「ε:)_)


今日のイラストいいね、本が好きなんだね!って思って頂けたのならば
お帰りの際にポチっと下のバナーを押して頂ければとっても嬉しいです。
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

クリックありがとうございました!(大感謝)

トラコミュ:オススメ本 トラコミュ:本が好き。
トラコミュ:書評、レビュー トラコミュ:書物、書籍、本

 
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:05 | category: 漫画・小説 |
# 東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その2)
JUGEMテーマ:小説/詩


東野圭吾さんの小説が好きです。

今までに約80作ほど出版されていますが、作品の幅の広さも魅力の一つだと思います。
ファンタジーや本格的なミステリー作品、それらにスポーツを絡めた物も多いですね。
毎回手に取って読み始めるまでどんな作風で描かれているのか分からないので、ページを開くのが楽しみです。

そんな東野さんの作品に惚れ込んだ人がおすすめする16冊。
今回の記事は『その2』なので、良かったら前回から読んでみてください。

■東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その1)

トップの画像は使い回し・・・と見せかけて、一匹増えてます。
適当に配置したんですが、会話しているみたいになりました。


その1で書いたんですが、現時点で発売されている作品の中でまだ読んでいないのが12作あります。
それらを抜いたおすすめ本です。

あらすじは書かないつもりです。あとネタバレも。
 

Amazonへのリンク→アルキメデスは手を汚さない

それぞれの作品に上記のように 上:楽天ブックス 下:Amazon へのリンクが貼ってあります。
購入する前にレビューを読みたいって方や、あらすじを知りたい方はそちらからどうぞ。
さすが売れっ子作家。レビューはどちらも賑わっています。

ただ、レビューではネタバレしている事もありますので、その辺り見たくない方はお気をつけて。

ちなみに上記の例題に上げた作品、小峰 元さんの『アルキメデスは手を汚さない』は東野圭吾さんが推理小説にハマるきっかけとなった作品です。
書店でどどーーんとポップが出ていたので購入して読んでみました。

調べてみたら1973年の作品なんですね。
今読むとどうしても古臭さはあるんですが、気になった方は手に取ってみてください。



■おすすめ6作目 『私が彼を殺した』

Amazonへのリンク→私が彼を殺した

衝撃的なタイトルですね。
赤い指』『新参者』でおなじみの加賀恭一郎シリーズの中の1作です。
(シリーズ物ですが、これから読んでも特に問題ないかと思います)

読者が自分で考えて、犯人を見つける小説です。
帯には『最大の挑戦状』と書いてあります。
この手の作品は初めてだったので読んでいて楽しかったです。

ラストは、通常の小説ならまだ続きがありそうな所ですっぱーーんと終わります。
読みながら出した自分の答えが正しいのかは袋とじの解説を読んで考えます。

わたしは電車の中でこれを読み終えたんですが、答え合わせの解説が読みたいのに袋とじを開けずにいたので、上から覗き込んで見えないかなー、あ、ちょっと読める・・・をしていたら電車を乗り過ごしました☆

次の駅で降りて引き返したんですが、タイミング悪く知り合いに遭遇。
何でこの駅に居るの??って聞かれて返答に困った記憶が。
 

Amazonへのリンク→どちらかが彼女を殺した

こちらも同じく加賀シリーズの中の1作で、『わたしが〜』と同じように自分で犯人を見つける作品です。

 

Amazonへのリンク→卒業

Amazonへのリンク→眠りの森

Amazonへのリンク→どちらかが彼女を殺した
 

Amazonへのリンク→悪意
 

Amazonへのリンク→私が彼を殺した

ちなみにこの作品までの加賀恭一郎シリーズを並べるとこんな感じ。
東野圭吾さんの記念すべき第1作目『卒業』がありますね。


■おすすめ7作目 『プラチナデータ』

Amazonへのリンク→プラチナデータ

私が彼を殺した』からぽーんと時代は飛んで比較的新しい作品。

近い将来、実際にこんなシステムが導入されそうだなーって題材ですね。

プラチナデータは東野先生の造語らしいんですが、響きが美しい。
でも、小説を読むと印象変わります。

こちらは嵐の二宮和也さん主演で映画にもなった作品ですね。

映画と原作では色々と違いがありますがどちらも面白かったです。
映画の方がアクションシーンが多かった印象。 終わり方としては原作のあのラストが好きでした。
ですので、映画が好き!って方にも是非読んでいただきたい作品です。
 

Amazonへのリンク→プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディション
(現時点ではアマゾンさんの方がお安いです)

映画が始まった辺りに放送された特番も面白かったです。
あれも入ってたら良かったのになぁ・・・


■おすすめ8作目 『流星の絆』

Amazonへのリンク→流星の絆

分厚くって、読み応えのある一冊です。
東野先生は『人』を描くのが上手い作家さんなので、登場人物全てに感情移入しちゃってたいへんになる事があります。
この作品もそんな感じでした。 みんな幸せになれーー! 
読み終わるとハヤシライスが食べたくなります。

こちらは嵐の二宮 和也さん、関ジャニ∞の錦戸亮さん、戸田恵梨香さんでドラマ化された作品ですね。

原作とドラマはキャラの性格、設定が大きく違います。
原作は静かに物語が進むんですが、ドラマはコメディ色が強かったです。

脚本:宮藤官九郎さん

なっとく。
 

Amazonへのリンク→流星の絆 DVD-BOX
(現時点ではアマゾンさんの方ががっつりお安いです)

レビュー見てみると高評価。
わたしは原作の空気が好きだったので、ドラマは正直いまいちでした(ドラマファンの方ごめんなさい)


■おすすめ9作目 『怪笑小説』

Amazonへのリンク→怪笑小説

○笑小説シリーズの中から1冊選びたくって、どれにしようか迷ったんですが記念すべき1作目にしてみました。
あと、こちらに入っている「超たぬき理論」のぶっとび具合が好きだってのもあります。
恐ろしい理論展開なんですが、妙な説得力があって納得させられてしまいました。

コメディ色の強い短編集です。
コメディ・・・ってか、ブラックユーモアの部類に入りますね。
 

Amazonへのリンク→東野圭吾公式ガイド

こちらの本で読者ランキングを見ると、○笑小説シリーズはランキングが低いですね。
わたしは面白いと思うんですがね・・・東野先生の作品に笑いは求めていないって人が多いのでしょうか。

(ランキングだけチラ見したい方は楽天さんのリンク先で見れますよ)

 

Amazonへのリンク→毒笑小説

Amazonへのリンク→黒笑小説

Amazonへのリンク→歪笑小説

シリーズを並べるとこんな感じで続きます。
わたしが持っているのは表紙のデザインが違うんですが、新しいデザインの方がすっきりとしていて素敵です。
 

Amazonへのリンク→東野圭吾ドラマシリーズ“笑" [DVD]

ドラマ化されていたんですね! 知らなかったなぁ。


■おすすめ10作目 『時生』

Amazonへのリンク→時生

爽やかな表紙ですね。読み終わった後にこの表紙を見るとまた別の感動があります。

ちょっとファンタジーテイストな1冊です。
題材自体はよくあるものなんですが、綺麗にまとめられて繋がった物語だと思います。

読後感の良さも魅力の一つです。


TOKIOの国分太一さんと嵐の櫻井翔さんでドラマ化されていたようです。
わたしは見ていないんですが、面白かったのかしら。
好きな作品なので、機会があれば見てみたいです。
 

Amazonへのリンク→トキオ 父への伝言 [DVD]


■おすすめ11作目 『天空の蜂』

Amazonへのリンク→天空の蜂

1995年の作品です。 これも表紙のデザイン変わったんですね。こっちの方がいいなぁ。

これ楽天さんでも、アマゾンさんでもレビューの評価高いですね。
レビュー数が100以上あって4・5って凄いなぁ。 実際読めば納得の評価だと思います。

読み終わった後は色々な事を考えさせられる1冊です。

映像化されていないのが不思議なぐらいの作品なんですが、今回調べてみたら今年の秋に江口洋介さん主演で映画化するようです。
良い作品なので、良い映画になるように祈ります。



と、この辺りでまた一区切りしておきます。
続きはまた今度。

追記:
東野圭吾さんでおすすめの本16冊(その3)



今日のイラストいいね、本が好きなんだね!って思って頂けたのならば
お帰りの際にポチっと下のバナーを押して頂ければとっても嬉しいです。
にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

クリックありがとうございました!(大感謝)

トラコミュ:オススメ本 トラコミュ:本が好き。
トラコミュ:書評、レビュー トラコミュ:書物、書籍、本

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:39 | category: 漫画・小説 |
LINE sticker
■LINEスタンプ販売中



Search this site
Rakuten



Recommend
Recommend
Recommend
フランス人は10着しか服を持たない2
フランス人は10着しか服を持たない2 (JUGEMレビュー »)
ジェニファー・L・スコット

2が出たんだ!
Recommend
ファンタジーライフ LINK!
ファンタジーライフ LINK! (JUGEMレビュー »)

3DSで一番面白かったゲーム
Recommend
Free space
Comments
Mobile
qrcode
Sponsored Links